サラリーマンの
目の疲れを何とかしたい!

ブルーベリーとカシスで眼精疲労に効く

サラリーマンの目の疲れにはブルーベリーに含まれるアントシアニンがとても有効だと言われていますが、ブルーベリーは世界中に非常に多くの種類があるのですが、中でもアントシアニンの含有率が最も多いのはビルベリーという品種です。フレッシュでもサプリメントでも利用する際には品種にも少し気を使うと、素早い疲労回復に役立ちます。更に、別の働きをもつアントシアニンを含んでいるカシスも同時に取り入れると、目の周りの筋肉を柔らかくして、視野がぼやけるのを防く効果を得られます。

果物には季節があり、フレッシュなものを1年中食べることは難しいです。冷凍のものも売られていますが毎日続けることは大変でしょう。その上、目に良い効果を得るためには最低でも1日60gは必要です。これは、含有量の多い品種の場合で、時期や品種によっては300gも食べなければいけません。頑張って食べられたとしても、コスト面で大きな負担となってしまいます。フレッシュなブルーベリーが無理なら、ジャム、ジュース、ドライフルーツなどの加工品から摂取する方法があります。1日に必要なアントシアニンの量は約40mgから90mgと言われていますが、ジャムなら約40gから90g、ドライフルーツなら約20gが必要です。これを毎日続けることができれば、目の疲労回復も期待できます。

しかし、どんなに工夫をしても毎日継続することはなかなか大変です。手軽に必要量を取り入れるのに最も適しているのはサプリメントの利用で、目の疲れの原因には、目の酷使、ドライアイ、老化などいろいろと考えられますので、アントシアニン単体のものでも良いのですが、症状に応じてビタミンA・Eなどが配合されている製品を選ぶことでも目の疲労改善やアンチエイジング効果を得られます。製品を選ぶ場合には、1日分で必要量を満たしているか、どのような効果が得られるのかの確認をすることで疲労からの早い回復が期待できます。